ネット風評被害って何?

ネット風評被害、という言葉は10年前には殆ど聞かれなかった言葉です。比較的新しい言葉かもしれませんが、検索エンジンで「ネット風評被害」と検索すると、64万件以上の検索結果が出てきます。

 

そもそもネット風評被害って何?

そもそも風評被害とは
「根拠のない噂のために受ける被害。特に、事件や事故が発生した際、不適切な報道がなされたために、本来は無関係であるはずの人々や団体までもが受ける損害のこと。」(デジタル大辞泉参照)
という意味です。
ネット風評被害とは、この「根拠のない噂」がネット上で不特定多数の人に知れ渡ってしまうことです。

 

インターネットの進化

インターネットが世に普及し始めた1990年代、当時ネット上に情報を発信するのは自身でHPを開設しているような極一部の人でした。また、ネットを利用している人はパソコンを持っている人が自宅や学校、会社等の特定の場所でのみ、閲覧することが出来ていました。
ネットが普及しはじめてから約20年、現在はブログやSNSというツールやサービスを利用して誰しもが簡単にネット上に情報発信するすることが出来るようになりました。また、通信環境や端末も進化して携帯電話やスマホを利用してどこにいてもネットを利用することが出来るようになりました。

 
こうした
・誰もがいつでも簡単にネット上に(事実に限らず)情報を発信することが出来る
・誰もがいつでもネットの情報を閲覧することが出来る
ようになったことでネット風評被害が発生しやすくなり、またそれによる被害や損害も起こりやすくなりました。

 
ご自身の名前、会社の名前、サービス等を検索した時に悪いイメージに繋がるような言葉や記事が出ているかどうか、調べた事はありますか?
もしまだ調べたことが無いのであれば、一度検索して調べてみることをオススメします。

2017年06月19日  カテゴリー: 風評被害対策コラム

yahooサジェスト対策:関連キーワード対策、成果がでない場合、全額返金
お問い合わせ窓口

お電話でのお問い合わせ

tel050-3136-7346

AM9 : 00〜PM18 : 00(土・日曜 / 定休)

メールでのお問い合わせ