どんな会社や人がネット風評被害に遭うのか?

どんな会社がネット風評被害に遭うのか?

ネット風評被害とはどのようなものか?についてはこちらの記事を読んで頂ければと思います。
コラム:ネット風評被害って何?

ネット風評被害って何?

そもそも風評被害というのは根拠の無い噂のようなものです。
その為、
「ネット風評被害は自分には関係ない」
と言い切れる人や企業は居ないと思います。と言うのも如何に事実と違っていても噂として流されてしまう可能性はある為です。誰にでも、どのような会社にでも起こり得る事ではありますが、メディアに出たりと知名度が高い会社や人の方が被害に遭う可能性は高くなる傾向はあります。

では実際にはどのような事象が過去にあったのか?実例をいくつか紹介致します。

気づいたら「ブラック企業」呼ばわり

相談を受けるケースとしては1番多い部類になります。多くは「元社員による逆恨み」であったり、他者からの妬みなどから発生する風評被害です。
例えば「◯◯社はブラック企業だ。こんな事があった。」というような記事をある人が書いたとします。「◯◯社」というキーワードで検索をした際にこのような「ブラック企業だ」というような記事が上位にあると、求職者や内定者の目に入りやすくなり、結果内定の辞退や応募の見送りというような事象に繋がります。
ネット上に求人広告を出したりしている会社は特に注意が必要です。

何故か「悪徳業者」認定

これも相談のケースとしては多い方です。
例えば、

  • ユーザに何かサービスを提供したり、商品を販売した時、消費者がそのサービスや商品に満足しない場合
  • 店員が消費者に対して何かミスをしたり、怒らせるような事をしてしまった場合

消費者の人が逆恨み的にレビューを書いたり、情報発信したり、というケースがあります。
ネット上でサービスや商品の販売に注力をしている会社はこういったネガティブな情報が無いかどうか、注意が必要です。

ネット風評被害は誰にでも起こり得る

上記2つの事例は特別な人が対象になる訳ではなく、規模に関係なく様々な企業に起こり得る事象です。ネット風評被害は決して他人事ではなく、自分にも起こり得る身近な事であるということを覚えておいて頂きたいと思います。

2017年07月17日  カテゴリー: 風評被害対策コラム

yahooサジェスト対策:関連キーワード対策、成果がでない場合、全額返金
お問い合わせ窓口

お電話でのお問い合わせ

tel050-3136-7346

AM9 : 00〜PM18 : 00(土・日曜 / 定休)

メールでのお問い合わせ